SHIMANEKOの日記

2011-06-14

下町に暮らす人々

16:02

宮部みゆき火車』、初宮部です。

主人公の本間刑事は下町に住んでいる。

失踪人や殺人の調査という、楽しいとは言えない旅の後に

帰って来るのが下町の我が家である。

時には深入りし、時にはそっとしておいてくれるご近所さんや同僚。

読書中は下町暮らしをちょっとだけ疑似体験しました。

もし私が犯人で、本間刑事みたいなやさしいおじさんに説得されたら、隠して来た事を全部聴いてもらいたくなるでしょう。

事件の捜査と歴史研究ってとても似ていると思いました。

細かい事にこだわり、ひとつひとつクリアしていって全体像を裏付ける作業が。