Hatena::Groupbook100

読んだり読まなかったり

     100冊読書 Ayalist版  年間100冊目指して、本の感想
       Home → 綾辻行人データベースAyalist(情報配達人:mihoro)
       読書記録(2000年〜現在) → 読書記録〈作家別索引〉

2006-12-28

シャドウ14:30

073(小説道尾秀介シャドウ』(東京創元社

痛くても最後まで読むべし。ちりばめられた物語の断片が、綺麗に拾い集められ閉じてゆく。上手いなあ。道尾さんの描く子どもが好き(悲惨なのが多いけどね)。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061228

2006-12-25

クリスマスプレゼント』 23:29

072(小説)J・ディーヴァー『クリスマスプレゼント』(文春文庫

なるほど、被害者くるり加害者に、その逆も然り。どいつもこいつも裏がありそで面白かったなあ。表題作と「三角関係」「被包含犯罪」が特に印象に残った。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061225

2006-12-17

『犯行現場の作り方』 23:28

071(その他)安井俊夫『犯行現場の作り方』(メディアファクトリー

ミステリの舞台となった数々の館を紙上で再現。途方もない工事費用や建築基準法にそぐわない箇所など、矛盾点を指摘しつつも、あげ足取りになっていないところが素敵。原作への愛と敬意にあふれているので、大変心地よく読めた。続編もありそうなので、期待。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061217

2006-12-13

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』 00:03

070(小説)西尾維新DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』(集英社

なんとまあ、見事に足もとをすくわれた。まるでカポエラ。原作を読むか、映画を観るかしないと楽しめない小説ではあるが、これ「本ミス」30位以内に入ってないの?何で?? 密室の理由とか、ミステリとしてすごく感心させられたけどなあ。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061213

2006-12-12

ピタゴラ装置DVDブック(1)』 00:04

069(その他)『ピタゴラ装置DVDブック(1)』(小学館

豊かな発想、たゆまぬ努力。DVD収録時間は19分だが、2,940円払った価値はあり。私もスタッフの一員になってみたいなあ。

『死神の精度』 00:04

068(小説)伊坂幸太郎『死神の精度』(文藝春秋

主人公の死神が淡々としているので、生死を扱っている物語なのにとてもあっさり。エスプリに富んだフレーズも思ったより少なめだった。ミステリ的には、各篇「おっ」と思わせる展開があるけど、やっぱりあっさり。胸にじんときた「死神と藤田」がお気に入り。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061212

2006-12-11

DEATH NOTE(1〜12)』 00:06

067(漫画)大場つぐみ/小畑健DEATH NOTE(1〜12)』(集英社

既に語り尽くされていることとは思うが、月とLとの緊迫した頭脳戦がたいそう読みごたえあり。ノートを故意に捨ててしまうくだりはびっくりした。絵も、もともと上手いのが、巻を重ねていくにつれ、さらに上達していくのがすごい。

映画は、月とLとの対決一本に絞って物語を構成し直していて、Lファンの私は嬉しかった。

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/ayalist/20061211
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 |