モジモジ君の読書記録。みたいな。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-21

[]何も共有していない者たちの共同体──反合理主義だったら乗れない(26) 何も共有していない者たちの共同体──反合理主義だったら乗れない(26) - モジモジ君の読書記録。みたいな。 を含むブックマーク

何も共有していない者たちの共同体

何も共有していない者たちの共同体

 大雑把に言ってしまえば、近代的な合理主義に対する批判なわけで、理論知に取り込めていない何か、啓蒙の光に照らし出されていない闇の中にある何か、そうしたものまで含めたナマの世界をフレームワークとして前提しなくちゃいけない。そんな風に読んだ。それは極めて重要だ。しかし、これだけでは凡庸な批判でしかない。もう少し丁寧に読めばそれ以上のことを言っている気もするのだが、いかんせん、時間的余裕がない。

 特に「世界のざわめき」に絞って述べる。合理主義批判はいいけども、しかし、その答えは反合理主義ではなかろう。僕らはナマの世界をナマのままで把握することはできない。どうしたって理論知は必要だ。しかし、だからといって「語りえぬものについては沈黙しなければならない」などと開き直っていいわけではない。むしろ、合理的な理論知の使い方の問題なのだ。すなわち、僕らは照らし出されるものを把握するためではなく、照らし出されていないものを想像するためにこそ理論知を使うのだ、ということ。合理主義に代えて、反合理主義ではなく、批判的合理主義を持ってくる、というのが僕なりの答えだ。その意味で、合理主義批判までは同行できるとしても、その先では道は分かれているように思う。

 リンギスが反合理主義に留まっているのであれば、僕はあまり魅力を感じない。あるいは、そうではない読み方ができるのかどうか。それは大変興味がある。そのあたりはd:id:x0000000000さんあたりが考えてくれるだろう。>人任せ(笑)

x0000000000x00000000002006/03/24 15:10どっからTBきてるのかと思った(笑)。いまは手一杯だけど、このはてなの企画はおもしろそう。いずれやってみよう。

mojimojimojimoji2006/03/24 15:36はははは。exciteが廃墟になってるのは、ここに移動したからなんですわ。/のざりんさんは博論終わるまでは、読み切ることにはこだらない方がいいからね。僕は今までの不勉強を補うために、逆にもう少し読みきることにこだわらないと。