Hatena::Groupbook100

読書omayoma

2009-07-04

達成せず 18:54

3ヶ月でテーマ決めて、50冊、と意気込みましたが、失敗しました。でも、冊数だけでいえば、不可能な数字ではないなあと、そんな感想を得ました。さらにもっと読めるんだろうな、と。

勉強という意味で、集中的にやれたかというと、不満です。やはり、散らばってしまって、どうもいけません。

流れでいえば、最初は音楽について、それから経済について(より実践的な知としての知)、サブで知について(知についての知)を、読んでいこうと、こう書くと、はじめから破綻している部分もあったか、つまり、テーマでいえば、「知についての知」の方がより考究されるべきだろう、と、今考えるに3ヶ月前の自分はどういうことを考えていたのか、そういう知の順序、見取りといったことについてどう考えていたのか、はっきり思い出せないのですけれども、それはともかく引き続き流れに関して記述してみるに、期間の終わりに近づくにつれ、サブであったところの「知の知」についての本を読むようになり、それでも音楽についての本には継続して並行的にあたりながら、ついに経済についてはまったくどうしようもなくなってほったらかした、という具合です。

「知についての知」「知の知」は当然大事だろうとは思う、けれども、やはりこれは一般にも終生のテーマだろうし、その扱いについては、制限的にならざるをえない。何故なら、実践、生活があるからです。なので、「知の基本」を想像できるけれど、「知の刷新、循環、運動」といったことも同じように想像できるのではないか、という理屈の妥当性の試練を己の身をもって体現していくというようなことになるかもしれない。

つきましては、まだまだ音楽の勉強は続きますし、やはり知の知のテキストにも当たらざるを得ないし、バランスをとりたいと思う。ブレはあっても「良い」ブレ具合なら許容できるかも、と欲張りながら。

さて、単純に読書の条件ということであれば、動機という面から、3ヶ月で50冊というのはいい塩梅なのでは?と実感しました。今度は、2ヶ月で30冊、にしてみようと思います。音楽について、基礎的な知識を改めて固めるということをこの3ヶ月でやってきたつもりなのですが、その復習というような意味合いについてと、あと件の知の知についてと、それから、読みたい(文学)作品はたくさんあるのでそれもちょこちょこ、あと音楽以外の実践知に関して何かしら視座だったり、方向付けだったりをできればいいなあと思います。

2009-04-03

終わった 09:16

9ヶ月と半分で60冊読みました。

だらだら乱読した印象です。それで、読みたい本読まないといけない本、整理して読むのは苦手なのですが、優先順位つけてやっていこうと思います。次、3ヶ月でババンと50冊、難易度格段に高いですが、集中して取り組んでみます。数自体はともかく、さっと勉強しなければならない、勉強したいテーマ、分野があります。

あと、つまんない本、合わない本、目的にかなわない本を途中で読み捨てることができれば、あくまで読書の効用という一面からは全うだと考えられるので、できる限り試みてみようと思うのです。といいながら返す返すも、基本的に読む快楽を求めている人間なので、なるべく怠惰には読まないというぐらいのゆるい設定も、主テーマに差し障り無い程度ではっていきたい、いやそんな余裕がありますかどうか。

2008-06-21

達成 22:22

目標達成しました。次10冊多めの60冊でいきます。

意外と読めないものだなあというのが、感想です。これまでは単純にもっと分量、冊数ともに読んでいる、と感じていました。

その時その時の自分の中でのテーマ、それは自発的なものから、外的な用に促されたものまでいろいろだったと振り返りますけれど、それらに沿った本を、それなりの整合性や合理性などを考慮しながらも、それでもいわば発作的場当たり的に積読の対象、そして乱読してきた結果です。読書のための読書という部分をひとまずは全面に押し出せた、というところでしょうか。

色々思うところはあるのですけれど、当読書クラブグループがあったからこそ、まめに本読みを管理することができました(生来からものぐさなもので)。このこと自体だけでも今とても充実したものを得ることができたと、感じ入っております。とてもありがとうございました。またよろしく。

2007-09-25

ルール 23:11

・1年で50冊分。感想めいたものを書く。

・主に初読を対象。小説、新書、概説書など。