文学読書寄り道 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-07オーケストラがやってきた 山本直純

オーケストラがやってきた 山本直純 オーケストラがやってきた 山本直純 - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - オーケストラがやってきた 山本直純 - 文学読書寄り道 オーケストラがやってきた 山本直純 - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

 「男はつらいよテーマ作曲者、ひげもじゃ指揮者オケ談義、軽い気持ちで親しみやすく書かれている。あの小澤征爾が同輩とは知らなかった。ホルン吹きは、禿げが多いなど、面白い話題。

 彼が亡くなったのはちょっと残念だ。クラシックに縁遠い人にお勧めしたい。

2008-06-05自転車入門 河村健吉

自転車入門 晴れた日はスポーツバイクに乗って 自転車入門 晴れた日はスポーツバイクに乗って - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自転車入門 晴れた日はスポーツバイクに乗って - 文学読書寄り道 自転車入門 晴れた日はスポーツバイクに乗って - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

中原中也の詩から始まるこの本、ところどころに自転車文学の香りもする。60歳からはじめたロードバイク感想など、自転車入門の情報が記されている。

 かなり詳しく書かれているところもある。中公新書らしいといえばそうだ。ちょっとピチ系(ピチっとしている)の内容だ。

自転車入門―晴れた日はスポーツバイクに乗って (中公新書)

自転車入門―晴れた日はスポーツバイクに乗って (中公新書)

2008-06-04Good Luck

Good Luck 幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよNya Good Luck 幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよNya - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - Good Luck 幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよNya - 文学読書寄り道 Good Luck 幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよNya - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

 まるで365歩のマーチ冒頭のような内容。チーズはどこへ行った?系の本である。会社やリーダー研修などで用いられそうな本だ。帯には感動した人のコメントがのっている。

 なるほど、と思わされることもある。同じチャンスを与えられても、生かせる人と活かせない人の差がわかる。

 薄い本だ。

Good Luck

Good Luck

2008-06-03不良のための読書術 永江朗

不良のための読書術 永江朗 本を最後まで読むのはアホである 不良のための読書術 永江朗 本を最後まで読むのはアホである - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - 不良のための読書術 永江朗 本を最後まで読むのはアホである - 文学読書寄り道 不良のための読書術 永江朗 本を最後まで読むのはアホである - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

 新刊大洪水状態の中で溺れない読書術、不良の読者を目指すのがこの本の目的らしい。1日200、1週間で1000以上の新刊書が出版されているらしい。その中から限られた時間と労力を費やして、読まれるべき本を探すのは並大抵のことではない、ことから、本は20~30ページほど読めばよいなど、おもしろいことや、まじめなことなど、織り交ぜて読書について書かれている。

 本はフィーリングで買ってしまえとか、書店が本を在庫として置いておく期間は短く、次に行った時には返品されてしまってなくなっていることもあるなど、出版業界の裏事情も教えてくれて、まあおもしろい本だった。182ページぐらいまで読んだ。

不良のための読書術 (ちくま文庫)

不良のための読書術 (ちくま文庫)

2008-05-29自転車依存症

自転車依存症 白鳥和也 自転車依存症の症状の数々 自転車依存症 白鳥和也 自転車依存症の症状の数々 - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自転車依存症 白鳥和也 自転車依存症の症状の数々 - 文学読書寄り道 自転車依存症 白鳥和也 自転車依存症の症状の数々 - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

 自転車好きの人の様々な症例?が載っている。はじめのほうは、自転車好きな人はだんだん所有する自転車の数が増えることなど。読んでいてなるほどと思わされた。後半はやや息切れしているようだが、半分くらい読んでもおもしろいかも。

自転車依存症

自転車依存症