文学読書寄り道 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-06-13こぐこぐ自転車 伊藤礼

こぐこぐ自転車 伊藤礼 前回読破ならずも再挑戦す こぐこぐ自転車 伊藤礼 前回読破ならずも再挑戦す - 文学読書寄り道 を含むブックマーク はてなブックマーク - こぐこぐ自転車 伊藤礼 前回読破ならずも再挑戦す - 文学読書寄り道 こぐこぐ自転車 伊藤礼 前回読破ならずも再挑戦す - 文学読書寄り道 のブックマークコメント

なぜか再読。結構おもしろいじゃん!前回はおもしろくないなと思っていたが、自転車が増えて6台になった話の一部が自転車依存症にや自転車入門(中公出版)にも引用され、また読んでみようか?と手に取った次第。

 なるほど、味わいのある文体。諸文学を訳された著者が古希を過ぎて自転車に目覚め、ツーリングしていく。たんたんと展開されていくが、参考になることも多かった。

 なぜ、前回は止めてしまったのだろう? きっと自分に興味のあるところから読めばよかったのだ。本は前から後ろへ向かって読むという教えに縛られていたから、つまらなくなったのだ。

 自分に興味のあるところから読み始めると、この著者のおもしろさを堪能できた。他には?と別のところを読んでいくと、これもまた趣がある。

 本の読み方っていろいろあっていいんだなと教えられた1冊であった。

こぐこぐ自転車

こぐこぐ自転車

ゲスト



トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/Marutoku/20080613