aullyの読書日記 このページをアンテナに追加

2006-11-06歌舞伎観にいきたい

[](003)『江戸っ子助六23:38

新書はとりあえず*[専門書]タグにしとく。でも別に読書日記過去ログなんてたどらないからタグ意味はないけどな!

江戸っ子と助六 (新潮新書)

江戸っ子と助六 (新潮新書)

助六も知らねえで江戸っ子を語るな」という扇情的な帯に魅かれ、内表紙の團十郎パパ助六にフォーリンラブして購入。

なぜ助六江戸っ子を語る上で欠かせないのか。それは江戸っ子助六をこよなく愛したからである。ではなぜ江戸っ子助六に夢中になったのか。それを探る事が江戸っ子を知るための手立てになるのではないか、というのがこの本の趣旨。

…だと思ったから買ったんだけど。

私は新書にはデータは求めてなくて、求めてるのはストーリーなんだけど、この本の中盤は助六が時代の変遷に沿ってどのように公演されていったか、という解説に終始していた。それはすごく大事なんだけど、ずっと眺めているのは苦痛で、読みきるのに1ヶ月くらい要してしまった。

最後の一章はまさに「江戸っ子を学ぶ」といった内容だったので興味を保ちながら読めた(最後の200ページは1時間の新幹線で読みきった)。でもなんか論に無理というか飛躍が多すぎて疲れた。歌舞伎が庶民だけのものであるものか。武家屋敷に巡業してたじゃないか。中世の芸能が庶民のものでなかったものか。一遍上人だとか田楽だとかどう説明するんだ。ひとくくりにはできない内容をひとくくりにしないと伝わらない読者なんて置き去りにしたって構わないと思う。正しい知識が欲しい。