aullyの読書日記 このページをアンテナに追加

2006-11-06歌舞伎観にいきたい

[](004)『スイートリトルライズ23:38

上のを読みきったら帰りの新幹線が退屈だったので急遽本屋さんに駆け込んで仕入れた本。部屋に帰れば積読が腐るほどあるのにさ。

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

前の本の反動から頭を使わない本が読みたくなったので江國香織

私は自分でもうんざりするほどオトメな部分があるのに、普段はこんな「、」と「。」しかない文章を書くようなドライな女であろうとしていて、何かを押さえつけてるんだろうと思う。

江國香織作品の特徴の一つはこのオトメっぷりだと思う。静かで、空虚で、幸福で、狂気に満ちている。整然としていて、理屈が通らず、矛盾しているのに、共感できる。これがオトメ心じゃないとすれば、私はオトメを誤解していることになる。

今回も(「も」って。)他に恋人のいる夫婦の話。特段変わったところもないけど、ヒロインである瑠美子がテディベア作者で夫にワンピース型のパジャマを作って着せているところがなんか斬新。いつも女々したヒロインは書かない気がするのに。当然ながらそんな瑠美子も友だちがいなくて孤独を愛していてその上夫に執着している。タバコお酒もセックスも好き。大人であることを心から楽しんでいるような女性だ。それはいつもどおりだけど、随分メルヘンに書いたなぁ。代わりに瑠美子の夫の聡が内心ベアを冷めた目で見、作りかけの首だけのベアにグロテスクさを感じている。そこでバランスをとっているんだろうか。

久しぶりに楽しい読書をした。2晩で読めちゃうような本は大好きだ。