aullyの読書日記 このページをアンテナに追加

2007-08-28

[](034)『涼宮ハルヒの消失22:57

長門がかわゆーだった☆

あとキョンキョンキャラを気に入ってるとかって場面が意外というか何というか…。それでいいんだ?という感じ。

なんかキョンキョンキャラに無自覚であるのが物語としてのお約束というか、いいも悪いもなく受け入れるしかないやれやれなキャラが固定なんだと思ってたの。こっから先話は続けられるのかっていう心配すらしちゃった。

みくるちゃんの超ミニサンタには何の食指も動かないのに入部届け差し出す長門にかわゆー☆になっちゃう私はどうなんだろうな。

もっとキョンハルヒがらぶらぶなところが見たいというのは女の子向けラノベ読者の習性だろうか。期待しようがないとは思うものの。

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)