Hatena::Groupbook100

extrameganeの読書記録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

※たぶんネタバレすると思います。

2008-07-21

さくらインテリーズ

| 10:46 | さくらインテリーズ - extrameganeの読書記録 を含むブックマーク はてなブックマーク - さくらインテリーズ - extrameganeの読書記録 さくらインテリーズ - extrameganeの読書記録 のブックマークコメント

まさか怒る人はいないと思うので話の核心を言ってしまうとですね、最後のほうでゾンビ的な生き物が出てきます。

最初はかったるいなーと思ってページをめくってたんだけど、中盤、人間がどんどん死に始めてからはすごいパワーでした。

なんでそういうラストになるのか、まったく意味がわからない。

予想もつかない展開っていうか、予想できるかどうかっていうのは、物語のあるべき形っていうマボロシを前提とした話じゃないですか。

『闇の楽園』には、まだ物語っぽさがあったんですけど、これにはまったくない。ただ腹から腸を出したいだけじゃないかっていう。

短編が4編つながってる形になってるんだけど、どうやら連載だからそうなってるみたいなんだけど、リアルタイムに話を追っていったら、毎回違う話なんでびっくりしたりしたのかな。

タイトルも4編のうちの1作目をそのまま使っただけで、どうでもいいしなー。まとまってないし、何の教訓もないし*1無駄に人は死ぬし、まどろっこしいところもあるし、ほんとひどい。

読んでよかった。

さくらインテリーズ (ハヤカワ文庫 JA ト 6-1)

さくらインテリーズ (ハヤカワ文庫 JA ト 6-1)

16/30

明治・大正・昭和 日米架空戦記集成

| 10:34 | 明治・大正・昭和 日米架空戦記集成 - extrameganeの読書記録 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明治・大正・昭和 日米架空戦記集成 - extrameganeの読書記録 明治・大正・昭和 日米架空戦記集成 - extrameganeの読書記録 のブックマークコメント

  • 現代よりいろんな文体が許されてる気がする
  • 話芸が身近にあって、現代よりも音読寄りの読み方、かつ小国民向けのものも多い、そんなところかしら
  • 現代でもケータイ小説の文章ひどいっていうけど既存の文壇から見たときスタンダードじゃないだけで、文法間違ってるとか、そんなんどうでもいいことだよなー
  • 自然主義から始まる日本小説界って、今の若い人からしたら強固なものなんだけど、昔の人はことの起こりを記憶していたりするんだろうから、「お前らはお前ら、俺らは俺ら」って対等にやってたのかも
  • 文壇、「純文学」以外、それらは歴史上、断絶しているんだろうか、それとも連綿と何かが受け継がれているんだろうか、主流の文芸よりかは、入手しにくいからなあ
  • 古本読んでると、いつの時代も文章うまい人はうまいし下手な人は下手だ
  • スタンダード現在と異なる時代の非主流作品っていうのは読むべきだなーとか
  • 「空想小説なんざ本道ではないのだ」的な価値観は今も続いています、べつにいいけど
  • アメリカ反日感情がこのころしばらく続いていたんだなーって印象を受けました
  • 海野十三をもっと読みたくなった
  • 全体的にファック文芸部向け
明治・大正・昭和 日米架空戦記集成 (中公文庫)

明治・大正・昭和 日米架空戦記集成 (中公文庫)

15/30

*1:たまに太字で浮浪者の掟みたいなのが入るんだけど、もちろん一切役に立たない

トラックバック - http://book100.g.hatena.ne.jp/extramegane/20080721